h2_know_greeting_01

pic_know_greeting_01

私が「刮痧(かっさ)」療法に出会ったのは2004年の夏。その素晴らしさを北京の中医研究院で学び、日本に持ち帰ってきました。本来の刮痧療法は、刮痧板という道具を使って皮膚をこすり、経絡の流れを整える治療方法。この刮痧療法に独自のアレンジを加え、試行錯誤を重ねて、美容に効果をあげられる方法や力加減などを開発したのが「島田流かっさマッサージ」です。
このマッサージの特長は、かっさ板で直接筋肉やリンパを刺激し、しっかりほぐし流すことができること。適度な重さ・厚みのかっさ板でほぐすと、今まで気づかなかったコリが簡単にわかるので驚くでしょう。顔に30以上もある細かな筋肉がコリでかたくなっていると、表情は乏しくなり、血行も悪くなります。その結果、様々なトラブルが出てきてしまいます。かっさマッサージでかたまった筋肉をほぐせば、余分な老廃物や水分が排出できます。それによりたるみが解消して、フェースラインが引き締まり、肌のトーンも明るくなります。

サロンで施術を開始した2006年頃は、「かっさマッサージ」と言っても、何のことかわからない方が大多数でした。最近では雑誌やテレビ、ラジオなどで紹介されるようにもなり、少しずつこのマッサージに興味を持たれる方が増えてきています。またサロンではフェースだけでなく、ボディのかっさマッサージも行っておりますが、ボディラインが変わった、むくみが取れた、便秘がよくなった・・・などなど嬉しい声をたくさんいただいております。

「島田流かっさマッサージ」=効果を実感できるマッサージ
この素晴らしさをもっと多くの方に知っていただきたいと思います。

 

 

h2_know_greeting_02

■名誉顧問
山内英生(医師、仙台医療センター名誉院長)
正岡慧子(鍼灸師、薬膳研究家)

■顧問
桜林玲子(中医師、北京中医薬大学日本校講師)

■名誉理事
島田力(鍼灸師、東洋医療系教員資格、東洋医学ライフクリエイティブ協会理事)

■理事
佐藤美佐子
宮嶋雅子

■会長
島田淑子(鍼灸師、美容師、調理師、国際中医薬膳師、かっさセラピスト)
 <これまでの仕事>
 アユーラ「ビカッサフォースセラム・ビカッサプレート」 監修
 SHO-BIかっさ商品監修
 資生堂学園 講師
 薬日本堂 講師
 日本健康医療専門学校 講師
 
 

 

 

btn_to_kassa_kyoukai