低糖質バナナケーキ

いただいたバナナ
1本まるまる食べちゃうと糖質多すぎだな・・・
ということで
低糖質バナナケーキにしてみました

<バナナの薬膳効果>
・寒:とても身体を冷やす
・身体の熱をさます
・腸を潤して排便を促す
・解毒作用

一時期、森公美子さんが
朝だけバナナに置き換えて痩せた!
ということで
「朝だけバナナダイエット」が流行りました

でも
「朝だけバナナにしたけど、全然痩せない
むしろ太っちゃった・・・」
なんて方
周りにとってもとっても多いです

このバナナ
薬膳的には
「寒」という性質で
食材の中で最も身体を冷やす作用が強い食べ物

なので
「冷え性」の方が食べたら
もっと冷えてしまうし
もっとむくんでしまう可能性大

さらにこちらのバナナ
1本あたりの糖質量は
32.1g!!
果物の中でもかなり糖質多めな食材で
使われなかった糖質は脂肪として蓄えられてしまいます・・・

糖質量の目安としては
美容・健康目的で1食あたりの糖質量は40g以下を目指しましょう
としています

こちらのバナナケーキ
バナナ2本使用で
1ホール当たりの糖質量:88g
8等分に切れば
1ピースあたり11g

こんな風に低糖質素材でケーキにすれば
1回に摂る糖質量は少し下がりますね

身体を冷やす作用の強い
糖質量多めな食材
「バナナ」

体質や体調に合わせて上手に付き合っていきましょう

みんなにいい食材はありません
東洋医学的に身体をみるスキルをもつことで
ベースの体質がわかったり
また日々ゆらぐその時々の体調を知ることで
その時に身体に必要な食材を選ぶことができます

 

「メディかっさ」
東洋医学的な身体のみててから
その時の体調に合わせて食材を選ぶ
その時の体調に合わせてかっさをする場所を選ぶ
そんなことが自分でできるようになるコースです

さらに
・身体にいい油、悪い油
・添加物のこと
・糖質オフってホントにいいの??
・発酵ってみんなが使って大丈夫?
・オーガニックを買った方がいい食材
など食のベーシックや

セルフでできる
・フェイスかっさ
・ボディかっさ
・経絡かっさ

を学ぶことで
東洋医学を柱とした
かっさと食のセルフパーソナルトレーナー
を目指すコースです

興味のある方は
個別にご相談をお受けしております





関連記事