【動物も大好き!甘い味の薬膳的な間違い】

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

RYUのお誕生日プレートは
鶏肉をミンチにして
骨型に固めたものと
お野菜が少し

 

 

 

そして
かぼちゃのペーストで書かれた
Happy birthday!

 

 

 

こちらの文字は
かぼちゃをつぶして作っているので
是非お皿を舐めて
お召し上がりくださいませ

 

 

 

そうおっしゃっていただいたので
最後にお皿を持っていくと

 

 

 

何これ~
うまいー!!

 

 

 

って感じで
お皿がピカピカになるくらい
舐めまくり(笑)

 

 

 

動物も
「甘い」
って味が大好きですね

 

 

 

人間も
一番先に好きになるのが
この
「甘い」
という味だそう

 

 

 

甘味は
薬膳的には
「脾」という
消化に関する臓を補う味とされています

 

 

 

じゃ、脾を補うために
甘いもの
食べなきゃ

 

 

 


解釈しがちですが

 

 

 

この甘いという味
食材の中で
一番多い味なんです

 

 

 

現代人で
普通にごはん食べられている人に
甘い味が
不足している人は
まずいない・・・

 

 

 

薬膳では
臓を補う味は
多すぎても
少なすぎても
問題アリ

 

 

 

 

なので
「甘い」
という味は

 

 

 

ほぼ全ての日本人が
多すぎる味に入ります

 

 

 

甘い味が多すぎて
脾=消化の力

痛めることがないように

 

 

 

とくに
「甘味」
摂りすぎに注意しましょう

 

 

個別相談会を行っております
お気軽にお問い合わせください

 

 

 

日本かっさ協会line公式アカウント
タイムラインにて
かっさ・食・東洋医学の
お役立ち情報を
ほぼ毎日更新中!

毎月オンラインミニセミナーに
無料ご招待♪