【日本で初めてオフィシャルにかっさが使われたのは?】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

刮痧を習いに行った中国から帰ってきて
一番最初の島田流かっさの出番は
当時
東洋医学アドバイザーになっていた
「アユーラ」という化粧品会社の
店頭カウンセリングツール

 

 

 

かっさを習ってきた
って言ったら
アユーラの教育部門のチーフが

 

 

 

店頭でのカウンセリングツールにできないか

 

 

 

というお話しをいただいて

 

 

 

店頭で出しやすい場所で
ということで
肘先・膝下を提案したら
足は出しにくいってことで
腕が選ばれました

 

 

 

 

 

 

腕にある6本の経絡を
ぶつぶつ言いながら
お話しを作りつつ
かっさしていると

 

 

 

あっ!

 

 

 

中国で人差し指がしびれてしまって
気持ち悪いな~
と思いつつ
そのままにしていたら

 

 

 

人差し指につながる
大腸経という経絡にだけ

 

 

 

「さ」が出てしまった・・・

 

 

 

これはほんとに
「出てしまった」のです
他の経絡と同じようにこすっていただけなのに・・・

 

 

 

でもこのさのおかげで
しびれは
きれいさっぱり
なくなってしまったのでした♪

 

 

すごいぞ、かっさ!

 

 

 

そして無事
お話しも出来上がり
アユーラの店頭で
カウンセリングツールとして
使っていただくことになりました

 

 

 

まだ
アユーラの
「ビカッサシリーズ」
が出来あがる前のこと

 

 

 

ほんとに懐かしい💛

 

 

 

この時の秘話は
まだあるので
また別の機会に♪

 

 

 

 

個別相談会を行っております
お気軽にお問い合わせください

 

 

 

日本かっさ協会line公式アカウント
タイムラインにて
かっさ・食・東洋医学の
お役立ち情報を
ほぼ毎日更新中!

毎月オンラインミニセミナーに
無料ご招待♪