皆さんは、どんなかっさプレートを使っていますか?
 
どんな材質がいいのか?
どういう使い方をするのか?
どんな効果が出せるのか?
 
そんな疑問を感じたことはありませんか?
 
今回は、かっさのとても大切で必須の道具である「かっさプレート」についてまとめてみました。
 
第1回目の今回は、かっさプレートの材質について。
 
これから買い求めようと思っている方も、
もうすでに持ってるという方も、
是非とも参考にしてください。
 
かっさは「こする」マッサージ方法です。
そのためにはお道具が必要です。
それが「かっさプレート」です。
 
 
●かっさプレートの材質
 
かっさプレートの材質ですが、ほんとうにいろいろなものがあります。
 
・玉(翡翠(ひすい)や碧玉(へきぎょく)、ローズクォーツなどの石
 *日本かっさ協会のオリジナルかっさプレートのひとつは、このローズクォーツ製です(右図)
 
 
 
・水牛の角
このあたりが、昔からある材質です。
 
 
それ以外にもあります。
 
・セラミック(いわゆる陶磁器製のことです)
 
 
・金属(ステンレス、チタンなど)
・プラスチック
 
 
玉などの石にはそれぞれ独特の力があります。
そのパワーをかっさと通して取り込むことができます。
持っているだけでステキな石もありますね。
 
水牛は昔からさまざまな形に加工されてきました。
意外に軽くて壊れにくいのもメリットです。
 
セラミックは好きな形に成型でき、遠赤外線などを塗りこむこともできます。
持ったときの重さが軽すぎず重すぎずシックリきます。
*日本かっさ協会のセラピスト用のプレートはこのセラミック製です
 
金属やプラスチックは壊れにくいというメリットがありますので、お風呂などで使うのにも適していますね。
 
皆さんも、ご自分の用途に合った材質を選んでみてください。
 
関連記事