東洋医学とは体表面からのサインを読み取る方法?!

東洋医学を学んできた私が
東洋医学で「最も面白い!」と思ったのが

「東洋医学の診断法」です.

 

これは体表面からのいろんなサインを読み取って
身体の中をのぞき見るシステム

これぞ東洋医学の醍醐味!
というくらいここに面白さを感じています

東洋医学的に身体の中が読み取れたら
ここからは「かっさ」や「薬膳」に活かしていく

これこそ、「東洋医学を使って暮らす」ことだと思っています

「メディかっさ」新メソッドのご紹介

この度、「メディかっさ」という新しいメソッドを作りました♪   読者さんメディかっさってなんですか?     外側からのアプローチ「かっさ」に加え 内側からのアプローチと ...

続きを見る

 

 

読者さん
ところで「東洋医学を使うってどんなことですか?」

 

東洋医学の最もい面白いのが「身体の外側から内側をのぞきみる方法」を持っているということ
s.shimada

 

読者さん
身体の内側をのぞきみる方法?

 

 

東洋医学は身体の内側をのぞきみる方法?

東洋医学って3000年以上前から使われているんです。

今みたいに検査する機械もなかったから「身体の外側に出るさまざまなサイン」と「患者さんとのお話し」で「身体の中を東洋医学的にイメージ」していました。

 

 

東洋医学で身体の中をのぞき見る・ベロ=舌

例えば、
ベロ=舌は「身体の中のお水の状態」や「身体のどこかが冷えているのか熱があるのか」
などを見れます。

 

ベロは、大地と一緒でお水が多いとコケが生えるのです。

逆にお水が少ないとひび割れしちゃいます。

 

自分のベロ=舌が毎日違っているって知ってますか?
東洋医学ではベロ=舌で
身体の水分の状態や
身体のどこかに冷えや熱があるかどうかをみていきます。

 

ベロで!?
と思いますよね
東洋医学ってそういうところがとっても面白いところです

 

 

舌の色の変化

「東洋医学は東洋哲学をベース」
にしています

 

赤と白
これを見て何を連想しますか?

 

赤=熱
白=冷え

こんな連想ができたらOK!

 

まずは舌本体の色が
赤いのか
白いのか
毎日朝起きたらチェックすることから始めましょう
(食べたり飲んだりしてしまう前の朝起きたらすぐがおススメです!)

 

それを体調とリンクさせることで
「自分の身体の揺らぎのクセ」が
わかってくると思います

 

毎日チェックしてくと
体調によっての舌の変化がわかるようになってきますよ

是非朝起きたら一番に舌チェックを!

 

ベロ=舌のコケ掃除って必要?

舌のお掃除
アーユルベーダを習っていた時に
舌を掃除することを知りました
インドでは、ベロのお掃除をする派なんです

同じアジアでも中国伝統医学では
舌のお掃除をしても意味がいないと考えます

なぜなら舌の上に生えるコケの
原因にアプローチしなければ
お掃除してもまたコケが生えてくると考えられているからです

その原因をみていきましょう

 

ベロにコケが生える原因とは?

ベロ=舌を「大地」だと考える東洋医学では、大地に水が多いとコケが生えてくるように、ベロ=舌は身体の水の状態を表しているのです。

 

例えば1年の四季の移り変わりを
人の一生に置き換えてみる

自然の森羅万象も人も一緒
って考えるのが
東洋医学なんです

 

だから身体に水が多ければ
その反応が現れる「舌」にコケが生える
身体にお水が少なければ
その反応が現れる「舌」がひび割れてくる

こうやって
東洋医学的に反応の出る場所
でたサインのみかたを知っておくと
自分の身体の中で今、何が起こっているのかがわかるようになってきます

 

 

東洋医学は東洋哲学がベース

東洋医学って哲学がベース

そういうと
東洋医学がさらにさらに難しく思われがちです。

 

ですが
今回ご紹介したように
1年の自然の移り変わりを
人の一生に置き換える
そんな素朴なことが
医学のベースになっています

 

今、あなたは四季のいつごろを生きているでしょうか?

 

なるべくなら青々と葉の生い茂る夏から
収穫の秋を
ゆったりと長く持ちたいものです

 

そのために日々の揺らぎを大きくしないように
東洋医学をベースにした
「かっさ」や「薬膳」
知って使って欲しいな と思います

 

 

東洋医学ってイメージが大切!

東洋医学の身体のサインのみかたは
ほんとうに独特です

例えば、五臓(内臓)のどの臓が問題があるかで
顔の色がかわってくるとしています

顔の色が青くなるのは
東洋医学的には「肝」という臓の機能が低下したときにおこります

「肝」が病んでいる人は
イライラして怒りっぽくなりがち

そんな人には少し酸味のものを食べてもらうと落ち着きます

自分が、家族が
ちょっとイライラしやすくなって
顔の色が青っぽくなってきたら
柑橘系などの酸味のものを少し食べてみましょう

 

 

黄ぐすみの原因は?

東洋医学の身体のサインの見方は
ほんとうに独特です

 

例えば、五臓(内臓)のどの臓が問題があるかで
顔の色がかわってくるとしています

 

最近自分の顔がちょっと黄色っぽくくすんでいる・・・
なんて方は
「脾(ひ)」という臓の機能が少し低下しているかも

 

甘いものの食べすぎや
量的な食べすぎなどはないですか?
また食べな過ぎても脾を補うことができず
顔が黄色っぽくなることもありますが
現代ではこれはほんとに稀なことですね

 

「顔か黄くすむ」
はアジア人の肌悩みの大きな1つです

 

自分の顔が黄色くくすんでいるな・・・
と思ったら
甘いものの食べすぎや
量的な食べすぎがないか振り返ってみましょう

 

 

かっさ✖キッチン薬膳で日々の揺らぎをセルフメンテナンス

今回は、東洋医学とは?ということで、「東洋医学の診断法」を解説しました

日本かっさ協会でお伝えしているメディかっさは
かっさ✖キッチン薬膳
日々の揺らぎをセルフメンテナンスしていくメソッドになります

のメディかっさには必ず
東洋医学的に身体をみる
「東洋医学の診断法」
が必要になってくるのです

 

私は、洋医学的に身体の中が読み取れたら
ここからは「かっさ」や「薬膳」に活かしていく
これこそ、「東洋医学を使って暮らす」ことだと思っています。

 

ぜひしっかりと東洋医学を知ってメディかっさや薬膳を活かしていきましょう!!

 

 

かっさ通信セミナーのご案内


日本かっさ協会セミナー一覧はこちら

 

疑問や質問はお気軽に
オンライン個別相談会をご利用ください

かっさセミナーオンライン無料相談はこちら

かっさセミナーオンライン無料相談

 

 

かっさに興味がある方へ

気軽にオンラインでかっさが学べる
かっさ1DAYセミナーがございます♪

 

興味がある方は、詳しくはこちらから♡

かっさ1DAYセミナー

日本かっさ協会 会長 島田淑子によるかっさ1DAYセミナーは、自分のためにできるフェイスかっさをお教えしております。     かっさ1DAYセミナーには、3つのコースがあります。 ...

続きを見る

 

 

「日本かっさ協会」公式LINEのお知らせ

-東洋医学

© 2021 日本かっさ協会