Insomunia:眠れないときに

 
眠る ”という行為は、人間が疲労から回復するためにとても重要です。
なかなか寝つけなくて、次の日のパフォーマンスに響いた経験のある方も多いかもしれません。
 
質のイイ眠りは、カラダだけでなくメンタルなどにとても大切なため、
睡眠は人生のすべてを左右する」(『SLEEP』ショーン・スティーブンソン)
などとも言われています。
 
・寝つきが悪い
・夜中に何度も目が覚めてしまう
・朝起きたときに寝足りない感じがある
このような睡眠の不調を感じている方には、かっさマッサージがとても効果的です。
 
今回は、どこをセルフかっさすると不眠にいいのかを、紹介していきましょう!
 

1.あたま

頭の髪の毛の生え際からまっすぐ後ろに向かってある「」と「心・肺」の領域を、かっさプレートの先端部分で軽めにこすります。
 

2.手のひら

中指の第2関節のところにある「」と、親指のつけ根のところのふくらみにある「」の領域をかっさかっさプレートの先端部分でこすります。
 
 

3.足のうら

足のうらの踵(かかと)のまん中にある「失眠」というツボから、図のように3方向にかっさプレートの先端でこすります。
ちなみに失眠というのは不眠のことで、つまり不眠に効くツボです。
 
頭から手、足のうらと、上から順番にかっさします
もちろん頭以外は左右両側を行ってください。
頭に気が上がってしまっていると眠りにくくなりますので、この順番をまもってください。
 
最後にとても大切なポイントをひとつ!
 
不眠に対してかっさをするときは、ソフトタッチで行うこと。
かっさは基本的に覚醒させる効果が高いメソッドですので・・・。
 
 
3か月後の自分のために
6か月後は誰かのために
 
 
関連記事