今年の夏の暑さは、命にかかわるくらい猛烈でしたが、体調などを崩していませんか?
気づけばすっかり秋めいてきました。
突然現れる彼岸花には毎年驚かされてしまいます。
 
季節の変わり目には体調を崩す方が多いですが、この秋という季節は、特に夏の疲れが出やすい時期です。
そんなときは、東洋医学の知恵を参考にしてみましょう。
 
東洋医学には、養生法といって「こんなふうに生活すると病気になりにくいですよ」というさまざまなノウハウがあります。
ここでご紹介する季節の過ごし方は、約二千年以上前に書かれた『黄帝内経』(こうていだいけい)に書かれているものです。
 
では、秋の養生法をご紹介します。
 
まず寝起きについては早寝早起きすべきで、鶏と一緒に起きなさいといっています。
夏は遅寝早起きでよかったのですが、秋になったら早寝をすすめています。
 
 
それから気分の持ちかたについても書かれています。
東洋医学では、ココロとカラダは密接につながっていると考えます。
ですから、ココロや気分次第で、かなり体調にも影響することを知っておきましょう。
 
秋という季節になると、気は外ではなく内に向かいます。
冬に向かって陰の気が盛んになってくるキリッとした季節ですが、心を安らかにし、早寝早起きするのがいいようです。
 
秋と関連する臓は肺なので、肺を清らかにすることも大切です。
具体的には、きれいな空気を肺いっぱいに満たしてあげること。
早起きして朝の綺麗な空気を深呼吸してみましょう!
 
是非、明日からでも実践してみてください。
もっと寒くなってきたら、冬の養生についてもご紹介する予定ですので、楽しみにしていてくださいね。
関連記事