前回は「島田流かっさでリフトアップする!小顔になる!」でしたが、これで思い出したのがアユーラでのビカッサ開発の時のこと

島田流かっさのメソッドができあがって、自分でもいろいろ使い始めたころ、アユーラという化粧品会社の東洋医学アドバイザーをしておりました。

その関係で「1度で効果がわかるメソッドができたのだけど商品にしてみない?」と商品開発チームに話したところ、「作りたい!」ということになり、島田流かっさをベースにしたかっさメソッド、クリーム、プレートを開発することになりました

まずは、アユーラの商品開発チームに島田流かっさを体験してもらうところからスタート。
当時20代~40代の開発チームのみなさんに、島田流かっさをご体験いただきました。

みんな顔半分が終わったら、
「引きあがってる!」
「小顔になってる!」
「シワが目立たなくなってる!」

と大喜び!!

その時40代のチーフが、「なんか引きあがってる人と頬がポンと前に出て立体感が出てる人がいる気がする・・・」と。

確かに頬がポンと前にでて立体感がでてイキイキしたタイプ頬が引きあがって立体的になったタイプがいたのです

何が違うの??
それはどうも「年代」

20代~30代のまだ下に下がっているほどではない人たち「頬がポンと前に出て立体的に」なって、40代のちょっと下に下がり始めた年代「引きあがって立体感がでた」感じ。

そのボーダーは40歳!
その時の40代は、私と開発チーフの2人だけ…。

どちらにしても引きあがったのでヨシとしましょう(笑)

この島田流かっさ体験会を皮切りに、本格的に商品開発がスタートしました。
ビカッサフォースセラムというフェイスかっさをするときに使うクリームは、フェイスかっさ中なじまないけれど仕上がりがさっぱりするような設計で、ビカッサプレートは安全性の面で厳しいテストを何度も繰り返しできあがりました。
この時の安全性の担当者からは、「島田さんのおかげでボク1週間家に帰れてません」と言われたくらい…。
ほんと、すみません!

でもみなさんのおかげで素晴らしい日本初のかっさ商品ができあがったと思ってます。
ほんとにありがとうございました。

その後、ビカッサボディ、ビカッサヘッドなど数々の商品に関わらせていただきました。

最初に作ったフェイス用のビカッサシリーズは、IKKOさんも気にいってくださって、そのご縁でNHKの番組に一緒に出させていただいたこともあります。

島田流かっさがアユーラのビカッサと形を変えて、たくさんの人に愛され使われるようになったスタートのこと、ちょっと思い出してみました。

 

かっさを学んでみませんか?

セルフフェイスかっさ1Dayセミナー
フェイスかっさ・ボディかっさ・温かっさのセラピストセミナー
一般の方にセルフかっさをおしえるセミナーを開講できるアドバイザーコースなど
初心者からエキスパートまでを対象としたセミナーを開催しております。
自宅でスマートフォン、タブレット、パソコンから簡単に学べるオンラインセミナーも開催しております。

現在募集中のセミナー情報

関連記事