セラピストになろう!
と決めた時、どんなメソッドを学ぼうか迷いますね。
「東洋医学がベースのメソッド」を選ぶとその後の広がりがあるとお伝えしました。

「手に職をつける」セラピストになるなら、東洋医学ベースの島田流かっさをオススメする6つの理由

では東洋医学ベースの「島田流かっさ」、どれから学べばいいの?
これもよく聞かれる質問です。

ここで島田流かっさセラピストの種類をご紹介しておきましょう。

フェイスかっさセラピスト
ボディかっさセラピスト
温かっさセラピスト

のコースがあります。

3つの違いは

「フェイスかっさセラピスト」背中のかっさとフェイスかっさができるようになる資格
「ボディかっさセラピスト」肌にオイルをつけて全身を直にかっさをすることができるようになる資格
「温かっさセラピスト」は専用の洋服の上から温かいかっさストーンで全身にかっさをすることができるようになる資格

となっています。


初心者の方はボディ全部はハードルが高そうなので、フェイスからと選びがちですが、
最初におススメしたいのは温かっさです。

その理由としては、
1.フェイスかっさはかっさ施術に加え、ポイントメイククレンジング、ベースメイククレンジング、スチームタオルでのふき取り、クリーム塗布、エッセンス塗布など細かい手技がたくさんある
2.フェイスはパーツが小さいので気をつけなければならないことがたくさんある
3.オイルかっさはオイル伸ばしの手技、タオルでのふき取りの手技などがある

ということで、「温かっさ」はオイルを伸ばしたり、ふき取ったりする細かい手技が一切ないのでかっさ施術のみに集中できるため、初心者が始めやすいトリートメントです
「かっさプレートに慣れる」という意味でもボディは大きなパーツなので、最初の一歩としてはおススメです

さらに温かっさは
4.洋服の上から行う施術なので裸を見せたくない方にも受け入れられやすい
5.温かいかっさストーン(プレート)で施術するので、筋肉の深い部分からほぐすことができて、血液、リンパ液の流れもよくなる
6.身体が温まるので心もほぐれやすくリラックス度が高い

そして
7.温かっさトリートメントは日本かっさ協会のみが行っている施術である

日本で温かっさトリートメントが受けられるのは、日本かっさ協会認定サロンのみとなっていることもおススメする大きな理由の1つです。

「いきなりセラピストは自信がない」って方も、温かっさならまずはご家族のケアのため使っていただくこともできますし、ご家族、お友達からスタートしてだんだんに自信をつけていくのもいいのではないでしょうか?

温かっさで副業セラピストをしている志村由香さんが温かっさを選んだ理由
かっさセラピストで活躍中・「いつか開業することを夢見て 副業で温かっさセラピスト」

ご家族のために使いたいかたも
いつかセラピストになりたい方も
まずは「温かっさ」から始めてみませんか?

温かっさセラピスト通学コース10月生募集開始

温かっさセラピスト通学コース10月生募集開始

関連記事