img_know_01

h2_know_01

「かっさ」とは、2500年前から中国で行われてきた民間療法である「刮痧(かっさ)療法」が原点。「刮(かつ)」はけずるという意味で、「痧(さ)」は動けなくなって滞っている血液のことをさします。
専用の板を使って皮膚の経絡や反射区を擦って刺激することで、毛細血管に圧を加えて血液の毒を肌表面に押し出し、経絡の流れを良くするというもの。いわば、東洋医学的なデトックスであるといえます。

 

know_pic_01

 

h2_know_04

2004年に北京の中医研究院で「かっさ療法」を学び、日本に持ち帰ったかっさ協会会長「島田淑子」が独自のアレンジを加えたのが「島田流かっさトリートメント」。
美容としての効果を最大限に引き出せるよう、リンパや経絡を意識したマッサージ方法や力加減を試行錯誤した独自の手法。また、重みや厚み・素材にこだわったオリジナルのかっさプレートや専用クリームも開発し、直接筋肉やリンパを刺激し、蓄積されているコリを感じながら、しっかりとほぐし、流すことができるのが特長です。

 


 

img_know_02

h2_know_05

肩や首などのコリに比べて、実感しにくい顔のコリですが、実は細かい筋肉が30以上もある顔の表情筋がかたくなってしまう「顔コリ」は美容の大敵!

 

know_pic_02know_pic_03

 

 

島田流フェイスかっさトリートメントが出来上がった当初、多くの美容ライターさんやエディターさんにマッサージをご体験いただいた声、ほんの一部ですがご紹介します。日々の顔コリによって生じるお悩みが、かっさトリートメントを行うことでコリがほぐれ、さまざまな美容効果が実感いただけます。

know_pic_04

 

h2_know_06

気・血・水のめぐりが滞っていると、老廃物や脂肪・余分な水分など、さまざまなものを身体に溜め込んでしまいます。溜め込んでしまった身体は、特に女性には大敵な冷えやむくみ、便秘などに悩まされることも。 かっさプレートで全身の経絡や反射区を刺激することでめぐりを促し、溜め込まない身体へ導きましょう。

 

know_pic_05

鍼灸治療をもとに構築された「ボディーかっさトリートメント」は、なめらかなオイルで全身を包みこみ、かっさプレートで経絡や反射区をくまなく刺激し、めぐりを促すトリートメント。フェイス同様、美容効果も期待できます。

know_pic_06

 

know_pic_07know_pic_08

服を脱ぐのはちょっと抵抗がある・・、もっと気軽にボディーのかっさを受けたい!というお客さまの声から生まれた「ボディー温かっさトリートメント」は、あたたかいかっさストーンで服の上から経絡をあたためながら刺激していくトリートメント。思わず熟睡してしまう心地よいリラックス感をぜひ体験してみてください。

know_pic_09

 


 

日本かっさ協会では、「島田流かっさマッサージ」を本格的に学び、お仕事に活かしていただく講座を各種開講しております。
ワンデイセミナーを開講することができる「かっさアドバイザーコース」、かっさセラピストを目指す「かっさセラピストコース」を通信講座でも受講することができます。

くわしくはこちらから。

 

 

btn_to_kassa_kyoukai