かっさとは?

2500年前から中国で行われてきた民間療法である「刮痧(かっさ)療法」が原点。「刮(かつ)」はけずるという意味で、「痧(さ)」は動けなくなって滞っている血液のことをさします。
専用の板を使って皮膚の経絡や反射区を擦って刺激することで、毛細血管に圧を加えて血液の毒を肌表面に押し出し、経絡の流れを良くするというもの。いわば、東洋医学的なデトックスであるといえます。

詳しくはこちら。

 

様々なメディアに掲載されています

>>書籍・掲載誌一覧はこちら。

 

2022/12/3

大人のメガネスタイル・web公開

大人のメガネスタイル(主婦の友社) がWEB公開されました! ~私らしく生きる、50代からのマチュア世代に~ 「マチュアリスト」 日本かっさ協会・会長 島田淑子の 日々のメガネ使いや 50代からのメガネの新しい役割などを ご紹介しています 是非ご覧くださいね マチュアリスト

ReadMore

no image

2022/12/3

「リスク0のセラピスト起業」無料オンラインセミナー 12月

無料オンラインセミナーに申し込む こんな方、是非受講してみてください! ✔子育てや介護が終わって何か仕事を始めてみたい ✔パートで雇われているのではなく起業したい ✔定年後を見据えて手に職をつけたい ✔一生収入を得られる仕事がしたい ✔自分も綺麗で健康になりたい ✔アロマ・ハーブ・薬膳・発酵などの資格を取ったけれど活かせていない ✔人と関わること、喜んでもらうことがスキ ✔既にセラピストで起業し ...

ReadMore

2022/6/22

東洋医学的内外美容

東洋医学的内外美容 東洋医学はもともと ●外側からのアプローチ ●内側からのアプローチ 2本立ての医学です 外側からは ・鍼、灸、あんま、かっさ など 内側からは ・漢方薬、薬膳 など ですから 日本かっさ協会でも この内外からのアプローチがあって はじめて 美しさや健康が 実現できると考えています 東洋医学の不調とは「不足」or「停滞」 東洋医学的な不調とは ●不足=足りない ●停滞=滞っている この2つです 足りないものを補うためには そのモトとなる食材を摂る必要があることと 摂ったものがしっかり吸収 ...

ReadMore

2022/2/9

かっさで肌の乾燥対策

かっさで肌の乾燥対策 1年で一番乾燥するのは1月~2月です 日本では冬が最も乾燥する時期 とくに1月~2月は外気の乾燥に加え 暖房によって肌の水分はどんどん失われています そんな肌の乾燥をそのままにしておくと シワができたり・・・ たるんできたり・・・ そんな肌の乾燥対策として 今回はかっさ機器を使った とても簡単な方法をお伝えいたします 島田流「温巡かっさ」のこだわりポイント 日本かっさ協会・会長 島田淑子監修のかっさ機器 「温巡かっさ」   名前の通り 温めて、流れを良くする 全身に使えるか ...

ReadMore

no image

2022/1/24

かっさを自分に使う

セルフフェイスかっさ オンライングループレッスン 1dayで基本の島田流フェイスかっさを学ぶコースです 開講時間:2時間定員:6名受講料:6,600円(税込)講師:日本かっさ協会 会長・島田淑子 ★かっさプレート・クリームをご用意ください おススメかっさプレートはこちらから 開講予定のセミナーをチェック セルフフェイスかっさ オンラインプライベートレッスン 1dayでそれぞれのお悩みに合わせた島田流フェイスかっさを学ぶコースです 開講時間:2時間定員:1名受講料:13,200円(税込)講師:日本かっさ協会 ...

ReadMore

© 2023 日本かっさ協会