〒247-0062
神奈川県鎌倉市山ノ内185
気流LABO内

島田流ボディかっさが低刺激でも効く理由とは?

刮痧(グワシャー=かっさ)っていうと
痛そう
赤い跡が出る
なんてイメージの方も多いのでは?

中国や台湾で行われている刮痧は
確かに赤い跡をだすものが多いです

この写真は私が台湾旅行の時に
刮痧を受けた時のもの

台湾では刮痧はとてもポピュラーで
足裏マッサージのサロンで
一緒に行われていることも多いです

台湾のサロンでの「刮痧」体験

台湾のサロンでは
まず上半身洋服を脱いで
ベッドにうつぶせになったら
蒸しタオルを何枚も何枚も重ねて
蒸らしてくれました

そしてオイルをつけて
さあ、いくよ
という感じだったので

「何で刮痧するの?見せて」
というと
見せてくれたのは

丸い缶の蓋!

その蓋を両手にもって
ガンガン引く

途中痛くて何度も
ギブアップサインをだしたけれど

「赤い跡を出さなければ
刮痧の意味がない」

とやめてくれませんでした

そして写真のような背中に・・・

終わった後は
人工的に打撲を作ったような痛みと
皮膚が摩擦によってダメージを受けた
チリチリ感が残りました

そしてここから
3日間の台湾旅行中
痛くて仰向けには寝れませんでした

更に背中に熱をもって
ただでさえ暑い時期の台湾旅行が
とてもとても暑い旅となってしまいました

台湾での「刮痧」体験の感想

なので私の台湾での刮痧体験の感想は

・痛かった
・暑かった
・眠れなかった

の3セット

この写真を
かっさを習いに来た生徒さんたちに
かっさ概論の講義でお見せしていますが
みなさんから

「でもこの後、すっきりしたんですよね?」

と聞かれます

ですが残念ながら
痛みや辛かったことしか記憶になく
スッキリ感やほぐれた感は全く感じることができませんでした

島田流かっさは赤い跡を出すことを目的にしていません

こんな本場での刮痧体験から
自分のオリジナルメソッドを作る時には
日本人の刺激に対する繊細さに合わせようと決めていました

ですから
島田流かっさは
赤い跡を出すことを目的にしていません!

また
むやみに凝っているところや
滞っているところを
赤味がでるまでこするのではなく
低刺激でも効かせるように工夫しています

低刺激でも効かせるコツは
ずばり
経絡を刺激しているから

経絡という全身に網の目状にあるルートは
東洋医学で大切な気血水の通り道

コリや痛みがある場所は
既にその部分が
ダメージを受けていることが多いので
過剰な刺激はかえって逆効果です

ですから
その不調のある経絡上の
他の部分を刺激することで
不調のある部分の流れをよくすることもできる

島田流かっさは
そんな東洋医学の考えを
ふんだんに入れ込んで作られています

島田流かっさではツボのケアもしているんです

また
その経絡上にツボが乗っています

いわば
経絡=線路
ツボ=駅
のようなもの

ツボは正しく取るのが難しい

なので
経絡をラインでかっさすることで
自然とツボもケアしていることになるのです

しかも島田流かっさは
肘から先・膝から先の
大事なツボが集まっている場所で
セルフメンテナンスを行います

この肘から先・膝から先は
自分で触りやすい場所なので
セルフでメンテナンスをするときに
とてもおススメの場所と言えます

なぜ中国や台湾で
赤い跡をだすまで激しくこする必要があるかというと
身体を使った労働をしている人が多いから
なのだと思います

日本でもアスリートのケアは
強い刺激のものが多い

ですが現代の日本人は
身体より頭を使う
デスクワークの方がほとんどなので
強い刺激を身体が受け付けない人が多いのです

赤い跡をださなくても
効果的に使える
島田流かっさは

繊細な日本人に合わせた刺激で
作られているのです

かっさが気になる方へ


気軽にオンラインでかっさが学べる
かっさ1DAYセミナーがございます♪

興味がある方は、詳しくはこちらから♡

かっさ1DAYセミナー

日本かっさ協会 会長 島田淑子によるかっさ1DAYセミナーは、自分のためにできるフェイスかっさをお教えしております。 かっさ1DAYセミナーには、3つのコースがあります。 ●オンライングループレッスン ...

続きを見る

かっさ通信セミナーのご案内


日本かっさ協会セミナー一覧はこちら

疑問や質問はお気軽に
オンライン個別相談会をご利用ください

かっさセミナーオンライン無料相談はこちら

かっさセミナーオンライン無料相談

「日本かっさ協会」公式LINEのお知らせ

-かっさセラピストになろう!「かっさでお仕事」
-

© 2021 日本かっさ協会