〒247-0062
神奈川県鎌倉市山ノ内185
気流LABO内

「かっさ日本伝来物語」第5話

「かっさ日本伝来物語」第5話

言い出したら何が何でもやりたい私。
刮痧を学ぶために中国へ行こうと決めたけれど・・・

中国語、全くできませ~ん でした。
なのでべったり通訳さんをお願いすることに。

で、実際に講義が始まってみると
先生の話していることはわからないけど
板書は読める!

なぜかというと
漢字 だってことと
東洋医学の専門用語 だってこと。

実は北京中医薬大学・日本校で薬膳を勉強していた時に
この中国語のテキストを1冊翻訳したことがあったんです。
これは中国で中医師になるときに使うテキスト。

その頃まだ食材の薬膳的な意味をまとめた本がなくて
辞書を引きながらこちらを1冊翻訳。
だから中国の簡体字には慣れていたんです。

そしてその翻訳したものは「日本かっさ協会」のテキストの

薬膳の部分で活かされていいます。

何事も経験しておくべきですね。
人生に無駄なことはないんだってこの時思い知らされました。

きみどり文庫・「かっさ日本伝来物語」第5話

 

 

「日本かっさ協会」公式LINEのお知らせ

-かっさの名づけ親・島田淑子の「かっさと私」

© 2021 日本かっさ協会