【東洋医学的アンチエイジングとは?】

アンチエイジング
この言葉に興味のない人はいないくらいでは?(笑)

・シワ
・たるみ
・肌や髪の艶がなくなる
・老眼になる
・耳が遠くなる
・足腰が弱くなる
・・・・

できれば遅らせたい!!!
一般的に使われる
アンチエイジング という言葉


アンチ=対抗する
エイジング=老化
歳をとることを良くないこと
としていて
抗っているようなイメージなので


日本かっさ協会では
「スローエイジング」
を提唱しています

 

ゆっくりゆっくり坂道を下っていけるように
そのために
東洋医学では
「腎という臓のケア」
が大切になってきます

では
「腎」の状態を良くしておくには
どうすればいいのでしょうか?


★「腎」は寒さに弱い臓
とくに腰は腎に直接つながっているツボがある場所
「腰を冷やさない」
ことは
「腎ケア」
に最も大切です


腰痛などで湿布を貼っている人をよく見かけますが
腎ケアには最も悪いこと
身体の表面を冷やしていい時はごく限られた時だけです
くれぐれも日々腰を冷やすことのないように・・・
もちろん腰の裏側、お腹も一緒
冷やさないようにしましょう

★腎補う味は
「鹹(しおからい)」
という味

塩味
という意味も含まれますが
塩分過多は身体に逆効果

薬膳的に
「鹹(しおからい)」という味には
「ミネラル」
を含んで考えた方がいいと思います

海藻や魚を始めとする
海でとれた食べ物には
ミネラルが多く含まれます

腰を冷やさないこと
ミネラルを含んだ食事を摂ること
スローエイジングのための
腎ケア
今日から始めてみてくださいね



★日本かっさ協会・line公式アカウントできました!
登録のお礼に
「れんげでかっさ」e-bookプレゼントしています!
↓↓↓ クリック💛
https://lin.ee/0818qvl


★2020年
「ダイジェストスクーリング付きかっさ特別通信講座」

募集中!
東洋医学もしっかり学べます
詳細はこちらから
↓↓↓
https://j-kassa.jp/archives/3449

かっさセミナー
オンライン無料相談会
実施中

まずはご連絡ください
ご相談の上日程調整させていただきます

関連記事