〒247-0062
神奈川県鎌倉市山ノ内185
気流LABO内

「夏の薬膳」の落とし穴

薬膳では
「旬の食材を食べましょう」
とよく言われます

 

もちろん旬の食材には
その季節に合ったものが多いし
路地物でたっぷり太陽を浴びてできた野菜は
エネルギーもたっぷり

 

でも
夏にできる食材は
身体を冷やすものが多い

 

そして・・・
今や酷暑の日本で
クーラーの中で過ごさない人は少ないはず

 

 

夏の方が冷えている人が多い

クーラーで冷えている人が
薬膳的にいいから と
夏に摂れる冷やす野菜を
体質もかえりみず食べ続けていたら
ますます冷えてしまいます

 

まずは自分の身体が
季節に問わず
冷えているのか
熱をもっているのか

確かめてみることが大切です

 

薬膳は3000年も続いてきたので
その考え方は素晴らしい

 

もちろんそうですが
東洋医学は時代に合わせてアレンジしていくことも重要!

 

まずは自分の身体が
季節の影響を受けて熱をもっているのか
クーラーの影響で冷えているのか
見極めて
そこから食材を選ぶ
調理でアレンジする
ことが大切です

 

食・薬膳のおすすめ記事

2021/2/23

かっさと一緒に見直すところは「食事」!本来の薬膳の役割とは?

刮痧(かっさ)は東洋医学の治療法の1つ。 なのでできることもたくさんあるのですが その時に必ず見直していただきたい 「食事」のこと。 その関連と方向をみていきますね。 Contents1 刮痧(かっさ)は東洋医学の治療法の1つです2 日本の医学の2つの柱3 東洋医学で大切にされてきた3つの柱3.1 1.鍼・灸・刮痧(かっさ)など3.2 2.漢方薬3.3 3.養生法4 薬膳とは?5 薬膳的にみた玄米菜食・ビーガン・ローフード6 薬膳とマクロビとの違い7 薬膳を現代に合わせる工夫7.1 ① 季節性7.2 ②  ...

ReadMore

2021/2/6

薬膳とは?資格を取る時や暮らしに使うポイントは?

薬膳を家庭で取り入れたい方が増えています。薬膳で大事なことは、「東洋医学的にその人のその時の身体が診たてられるか」になります。診たてができて始めて身体が変えられる食材を選ぶことができるようになるのです。この記事では、薬膳の本質を知っていただき、有効的に薬膳を暮らしに使えるようになっていただきたいと思います。

ReadMore

2020/12/24

低糖質カリフラワーとビーツのポタージュ

  去年、大好評だった カリフラワーとビーツのポタージュ       ピンク色で 飲んでしまうのがもったいない気さえするスープ 今年もまた作ってみました         カリフラワーは 体力がなくて 最近ちょっと疲れやすい なんて人におススメの食材       胃の調子を整える作用もあるので クリスマス~年末にかけて なにかと食べすぎになりやすい今 摂るといいかもしれませんね   &nb ...

ReadMore

2020/12/24

低糖質生活を始めた理由!1から作ったレシピたち

 45歳の時に 「来たか、更年期!」 のような症状が出て       具体的には ・目の痛み ・だるさ ・ものすごい浮腫み ・夕方の低血糖症状 ・逆流性食道炎       こんな感じ       その頃 体調を取り戻すために 毎食毎食 玄米を食べていたことで 逆流性食道炎がますますひどくなり (私の胃には消化に負担だったみたいです・・・)       玄米を食べれば食べるほど どんどん浮 ...

ReadMore

2020/12/24

発酵低糖質サーモンフリボリテ

  去年のクリスマスレッスンで 人気だった1品   【発酵低糖質サーモンフリボリテ】   発酵させたサーモンで ハーブのバタークリームを 巻き巻きするだけ     鎌倉野菜で リースサラダに仕立ててみました       サーモンも バタークリームも ほぼ 糖質0食材       サラダの野菜に ほんの少し糖質があるものの       このプレートは ものすごく 低糖質 ...

ReadMore

 

「日本かっさ協会」公式LINEのお知らせ

-セルフメンテナンス!【かっさをお家で活かす】, 食・薬膳

© 2021 日本かっさ協会