「冷え症にタイプがある」
そういわれると
「え??」
と思いませんか?

例えば身体に余分な水が溜まっていて
その水が冷えているときは
「水をハケさせるような食材を」

例えば身体に熱を生み出せないときは
「熱を生み出す食材を」

また
もっと深堀していくと
「その余分な水の停滞はどこからきているの?」
「どの臓が原因なの?」

までみていくと
薬膳3年生

そこから
食材選び
どこをかっさすればいいのか

につなげていくことで
効果的なセルフメンテナンスが出来あがります

東洋医学の見立ては
難しいと思われがちだけど
ちょっとしたコツをつかめば大丈夫!

是非日々の暮らしに役立つ
東洋医学の見立てからの
食、かっさ
みなさんに知って使ってほしいな
って思います

 

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

かっさセミナー
オンライン無料相談会
実施中

まずはご連絡ください
ご相談の上日程調整させていただきます